Home > ラブグリーンの活動 > プロジェクト紹介

Project1

プロジェクト名:
「カブレパランチョク郡パンチカール市における循環型農業を基盤とした土壌改良および人材育成による持続可能な地域の生計向上体制の構築」 
JICA草の根技術協力事業
期間:2017年11月〜2022年11月
活動地域:カブレ郡 パンチカール市

活動内容:

 2014年5月、5村が合併しパンチカール市となりました。現在は、7村が合併した市となっています。近年、市では化学肥料、農薬に依存した農業によって土壌汚染や健康被害の問題が深刻化しています。また当該地域では体系的な農業技術指導が行われておらず、食として安全な野菜栽培を指導できる人材の不足が指摘されています。
 本プロジェクトでは、これまで推進してきたIPM農法による野菜栽培指導、ため池・ビニールハウス設置や家畜飼育支援等の農業の住民のニーズに対応する総合的なアプローチに加えて、土壌改善のために各農家の畑の土壌検査に力を入れるようにしました。また、これから農業を担う高校生を対象に講座を設けたり、一般の人々にはラジオを通じて、農薬の危険性を呼びかけたりして、環境保全の重要性を認識する啓発活動を行っています。
 なお地域に根付く農業人材として、当会が推進する活動を実践するモデルリーダー農家の養成をして、その中から数名選定して総合的に野菜栽培の指導ができる専門家を育成する計画です。また、パンチカール市内に、安心・安全野菜を出荷・販売をする住民自身が運営する店舗作りに取り組んで行きます。

Project2

プロジェクト名:
「リーダー農民に対する有機農業研修の実施及び農業研修施設の補修等」
ゆうちょ財団 国際ボランティア貯金 平成24年度NGO海外援助活動助成事業
期間:2013年4月~2014年3月
活動地域:カブレ郡 アナイコット村

活動内容:アナイコット村では国際ボランティア貯金配分を受けて、女性たちのための有機農業支援、農業研修センター、灌漑設備、ミルク冷蔵センターの設置など数々の事業で農業環境を整備してきました。現在もラブグリーンの重要な活動拠点です。より充実した事業地域とするためにフォローアップとしての農民支援と有機農業センターの修復を実施中です。