Home > ラブグリーンの活動

◆環境保全分野

 …植林・苗木の育成、バイオガス装置導入、景観保護


◆持続可能な農業開発

 …有機農業・家畜飼育支援、住民組織化

 

◆コミュニティー規模インフラ整備

 …小学校建設、女性センター建設、灌漑設備、

   貯水槽の設置、有機農業研修センター、

   ミルク冷蔵センター設置等

グローバルフェスタ出展、事業報告会の開催 など

【パンチカール村フィールド事務所】


 カブレ郡パンチカール村にあるラブグリーンネパールのフィールド事務所は、設立の翌年1992年に設置された一番古い事務所です。ここには苗床が備えられており、ベテランの苗床管理者により手入れが行き届いています。活動当初カトマンズの種苗園から苗木を購入していましたが、植林を活動の主とするならば、自分たちで苗木を育てた方がよいと、フィールド事務所に苗床を設置しました。今ではあちこちの村に苗木を販売しています。 


 研修センターでは近隣の村人を集めての家畜管理研修や奨学生たちのリーダシップ研修などさまざまな研修が行われています。奨学生たちを中心としたパソコン教室も開かれています。 


 この事務所には、活動紹介の写真、バイオガス装置、溜池などの設備も整っておりラブグリーンの活動が凝縮された場所です。幹線道路沿いにあり、カトマンズから1時間半ほどでアクセスのよい場所にあります。 


 みなさまのご訪問お待ちしております。