引き続き募金 受付中!

ネパール大地震 復興支援 募金のお願い

被災したアナイコット村になすびさんも同行されテントを届けました。

 4月25日に発生した大地震により、当会が支援する村も甚大な被害を受けました。緊急支援として、住まいを失くした人々にテント(防水シート)を配布することを直ちに決定し、以下の通り被災地に届けて来ました。

 カブレ郡
アナイコット村270枚
、デビタール村390枚、
カブレ村271枚、マクワンプル郡バジャラバラヒ村219枚、その他81枚、総数1231枚、総費用は約250万円(レンタカー代などを含む)を全て皆さまからの募金で支援することができました。ご協力頂いた皆さまありがとうございます。

 尚、雨季を目前にしたネパールでは仮設住宅(トタンで作成)の設置が急務となっております。また家屋の倒壊と同時に家畜の居住スペースも失われました。日々の現金収入を生み出す乳牛のために家畜用の小屋設置、有機野菜栽培の再開には損傷を受けた灌漑設備の修復やビニールハウスの修復など、まだ様々な支援が必要とされています。ネパールの復興には長い道のりがかかります。皆さまの引き続きのご支援どうぞよろしくお願い致します。  

 

----

【振込先】

<郵便振替> 00250-3-76570

<銀行振込> 三井住友銀行 日比谷支店 普通 8044951     特定非営利活動法人 ラブグリーンジャパン

----

  私たちの活動地における被災状況ついては、分り次第、facebookにて提供していきます。
https://www.facebook.com/pages/%E3%83%A9%E3%83%96%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%91%E3%83%B3/555432787922554 

 
 2015年
9月
 ネパール地震 緊急支援への募金ありがとうございます。
8月31日現在の状況について、大地震復興支援のページを設け、報告します。→[ラブグリーンの活動→大地震復興支援]
2015年
4月
東京調布むらさきロータリークラブからの支援が決定しました。
 2015年
3月
横浜国立大学金子教授が取り組む「不耕起・草生栽培」実験用地をラブグリーンの事業地カブレ郡の4カ所に設置しました。  
2015 
2月
JICA草の根技術協力事業の中間評価を実施しました。
2015年
1月
ボーイスカウト運動と国際協力事業の連携に関するワークショップに参加しました。
2014年
12月
世界土壌デーにカブレ郡にて土壌検査が行われ、ラブグリーンネパール協力のもと、近隣の村々の農家が土のサンプルを持参して参加しました。

本部事務局では理事会を開催しました。

 2014年
11月
 マクワンプル郡バジャラバラヒ村にて景観保護に関する住民グループが発足しました。
フェイスブックにラブグリーンジャパンのページを開設しました。
2014年10月 毎年恒例の日比谷公園でのグローバルフェスタに参加。あいにく2日目は台風のためお昼で終了しました。また、初めてよこはま国際フェスティバルにも参加しました。ご来場いただいた皆さまありがとうございました。
 2014年
8-9月
 8月にはアドラジャパンスタディーツアー、9月にはJICA教師海外研修でカブレ郡の活動視察とパトレケット村でのホームステイを実施しました。
2014年
7月
7月31日(木)に、恒例になりました鎌倉市大船でネパール音楽を楽しむ夕べを行います。詳しくはこちら→ http://www.lovegreenjapan.org/files/Live20140731.png
5/28にバイク事故を起こした、ビマール君40日後の7/7に復帰しました。
 
「不耕起・草生栽培」実験用地
バジャラバラヒ村の景観保護住民グループ
JICA教師海外研修